管理人は、以前このブログでご紹介した、松本潮里さんと言う画家の方の作品が大変好きです。
 

 
 
 
 
 
残念ながら作品を実際に見た事はありませんが、ウェブサイトを見てファンになりました。
ぜひ、画像を載せて作品を紹介できたら・・・と思っているのですが、
なにぶん、著作権の関係があり掲載ご許可を頂かない限りは載せる事はできません。
しかし、リンクを貼る事は出来るので。現段階ではリンクを貼ってご紹介します。
 


スポンサーリンク



管理人が気に入っている作品に管理人なりの詩を付けてみました。
持論ですが、絵は言葉に成らないメッセージを見る人に伝えてきます。
それをあえて言葉に置き換えるとすると「詩」の様な形になると思います。
下手な詩で恐縮ですが、これがこの絵を見て思い描いた管理人の感想です。
 
絵の題名は「スリルが欲しい」で松本 潮里さんのウェブサイトによると
2010年制作の作品です。
 
 
 
スリルが欲しい
 
 
こわいのって素敵
だって、悪魔みたいにやさしいから
 
こわいのって素敵
だって、剣の様にきれいだから
 
 
誰にも気づかれる事のない小さな部屋で
そっと鏡を覗き込んでみる
見知らぬ少女が、見知らぬ顔でそっとウインク
 
誰・・・
 
昨日、客席の一番前で見ていた子
それとも
切符切りの見習いさん
 
見知らぬ少女の見知らぬ瞳は何も答えない
ライムグリーンに静かに輝くだけ
 
でも、きっと知ってる子だわ
だって、金色の髪がきれいだもの
だって、リンゴ色のほっぺがかわいいもの
 
 
 
遠くで少女の名前を呼ぶ声が聞こえる
いつもみたいに怒鳴ってる
早くしろ、出番だぞ!
 
見知らぬ瞳は、さっとふり向き鏡の向こうに消えていく
そして、小さくなって消えていく
残るのはいつもの部屋だけ
 
 
 
こわいのって素敵
だって、とてもドキドキするから
 
こわいのって素敵
だって、だって・・・