2013年はどんな事をしようかなぁ・・・昨年暮れから色々考えていましたが。
たまたま自分の書斎(オー僕には書斎があったのです!)でこの本を手に取って眺めました。
すぐわかる20世紀の美術(正面)1
眺めているうちに・・・
「今年は20世紀以降の画家たちの事を書いた専門サイトを作ってみようかなぁ」
・・・と漠然と思い立ちました。
 


スポンサーリンク



20世紀の絵画と言うと印象派からいまだ「難解」と言われる現代美術までさまざまなタイプの画家達がいます。それらの画家達一人一人の作品や人となりを調べながら、自分の好みや考えも織り交ぜて100人以上の画家達を集めたサイトを作ってみようか!と思い立ちました。
すぐわかる20世紀の美術(プロローグP)3
この本の著者、千足伸行さんは随分以前からNHKの「日曜美術館」などにも出演されておられたので知っていましたが、しっかりとした知識に裏打ちされた解りやすい解説でとても好感を持っていました。また、この本の冒頭6ページに掲載されている、「20世紀美術の流れ 運動と動向の中心的なアーティスト」と言う表が大変解り易く、20世紀の美術運動の相互の関係が簡便に整理されているなぁと言う印象を持ちました。
20世紀の美術運動を解りやく網羅2
この表に出てくるアーティストの名前を数えてみたところ、136人の名前がありました。
ほとんどが大変著名な画家達の名前でした。有名な画家だけでもこの人数ですからネタに詰まる事はない!と漠然と計算してしまいました。(笑)
 
また、この本は西洋絵画の20世紀の動向を対象にしているので日本人画家はほとんど名前が挙がっていません。(表に記載されていたのは、藤田嗣治、国吉康雄、河原温、の3名のみです)
なので、サイトを作る際はそれぞれの運動に国内で影響を受けた日本人画家も加えて、対比などしてみると面白いと思います。(その他アイデアは作成しながら膨らませていけたらと思っています)とにかく、今年の目標として1年間かけて質と量ともに充実したサイトにしたいと思っているところです。
 
Amazonですぐわかる20世紀の美術を探す