アート作品と言うと大変お高いイメージですよね。
最近、ムンクの「叫び」が96億円で落札された!と言うニュースが話題になりました。
でも、そんな大金を出さなくてもアートは十分楽しめると思います。
もちろん本物を自宅の部屋に掛ける事は出来ませんが、
ポスター、や複製を額装してインテリアとして楽しむのはアートを暮らしの中に
取り入れて楽しむ素敵な方法だと思います。
 


スポンサーリンク



部屋の壁や廊下の壁に掛けて楽しみたい好きな画家は沢山いますが、
最近、特に「いいなあ」と思うのは、モディリアニです。
 

若い頃見ても特に何とも思わなかったのですが、年齢を経て最近見てみると、
描かれている人物の内面を捉えていて、人物の哀愁や感情を感じてとても良いんですよね。
また、クレーの絵もいいですね。
 

 
色調の微妙な変化やリズムが大変美しくて何時までも見ていて飽きないんですよね。
この様な、モディリアニやクレーの複製を買って部屋に飾りたいと思うですが、
実際、複製画とはどんな感じなんでしょうか?
表面の凹凸や筆さばきの感じ、色彩の再現の点で鑑賞に堪えるものなんでしょうか?
 
こちらのサイトAllposters.co.jpで手に入る複製画は「キャンバス地プリント」と「ジクレープリント」、
「プレミアムジクレープリント」と言う三種類のプリント方法だそうです。
このうち最もお手軽価格で手に入るのはジグレープリントです。
しかし、ジグレープリントって実際にどの様な感じのものなんでしょうか?
ネットで調べてみると、こう言うページがありました。
作品製作技法(ジクレー)について
 
しかし、実際に購入して見ないと本当のところは解らないと思うので、
管理人が実際に買ってみてこのブログをご覧の方々にお知らせできればと思っています。
また、記事にしますので再度ご覧頂けましたら嬉しいです。
 
 
オールポスターズ公式サイト