少し前にオールポスターズに注文した後期印象派の画家スーラの「グランド・ジャッド島の日曜日の午後」について、以前の記事でその印刷方法について最終的には「オフセット印刷」になるとの内容を書きました。しかし、最近自分の目でもう一度注文した作品をじっくりと見てみると・・・・
その見解は間違いである事に気付きました。
 
以前の記事
オールポスターズからジークレー印刷でキャンバス地プリントの複製画が届いた


その間違いに気付いたのは、何気なく取り寄せた複製画の側面を見た時に下の画像の様な絵具のムラの様なところがあったからです。

 


スポンサーリンク



実は管理人クー太郎は印刷関連の会社に4年程勤めていました。
直接印刷機を稼働させる実務を担当していたわけではなく、DTPと言う印刷の原版となる版下の製作に携わっていたのですが印刷の知識、とりわけオフセット印刷の工程について概要程度は理解しているつもりです。
 
その知識からいってもオフセット印刷でこの様なムラは考えられない現象だと気付きました。
そこで、オールポスターズサポートセンターに電話してこの点を確かめてみようと思い問い合わせしてみました。
すると以下の様な事が解りました。
 
ジクレープリントと言う方式を選択をして注文する場合、支持体(プリントするもの)がキャンバスに変わったとしてもジクレープリントの方式で印刷され、決してオフセット印刷になる事はない。
しかし、プリント方式をアートプリントとすると、印刷方式はオフセット印刷になる。
 
との事でした。上の画像の印刷ムラを考えると今回のこの情報は間違いないと思います。
また、もしオフセット印刷だとすると表面に「網点」が見えるはずですが、良く目を凝らして見ても「網点」は見あたりません。ルーペを使って見るとよりはっきりしますので今日、印刷物の表面などをチェックするルーペをアマゾンに注文しました。到着し次第また記事にしたいと思います。
 
しかし・・・前回の記事で自分自身でよく確認もせずに「オフセット印刷」と決めつけてしまった事を今は反省しています。今後はなるべく情報は自分で確認をして慎重に記事にして行きたいと思います。
 
※お知らせ※
今回の様に個別の記事によって情報が錯綜してしまうと分かりづらくなってしまうし、ブログを訪問して下さったかたにもご迷惑をお掛けしてしまうので現在「オールポスターズガイド」として情報の整理を行っています。
完成しましたら、ブログ上でお知らせ致しますので宜しかったご訪問下さい。

2013年3月6日追記
※上でお知らせしたオールポスターズについて情報を整理したサイトが一応形になりました。
オールポスターズガイド
現在も情報を更新中ですが宜しかったご覧下さい。
 
公式サイトオールポスターズ