「冒険王」1984年にCBSソニーから出た南佳孝氏のアルバムタイトルです。
冒険王と言えば管理人くらいの年齢だと恐らく漫画雑誌の「冒険王」を思い出す方もいるかもしれません。それを意識しているのか解りませんがアルバムの表紙のイラストは空想科学イラストや戦記物、プラモデル箱のイラストで有名な小松崎茂さんで「少年・少女の夢」と言うイメージがピッタリのジャケットになっていて大変気に入っています。

 

 

この、アルバムタイトルになっている曲「冒険王」ですが、大変素晴らしい名曲です。
イントロ部分が約1分くらい続きますが、ちっとも退屈せずに、段々と曲のイメージする世界に入って行く事が出来ます。大航海時代の冒険家でしょうか、明日目的の地エルドラドへ向かう前夜、野営しているテントの中で、もしかすると命を失うかもしれない危険な地へ赴く前に祖国に残した恋人に手紙をしたためていると言う場面が描かれています。
最後の歌詞に次の様に歌われています。

 

二度と会えないかもしれない恋人に向けて

帰れなくても泣かないでくれ・・・・

そして

本当に帰れなければ忘れてくれ・・・・

 


スポンサーリンク


と、管理人の言葉で書くとキザにしか聞こえないかもしれませんが、南佳孝氏の歌声で聴くととっても沁みるんですね。
自分の事はいいから早く忘れて幸せになってくれと言う男のロマンと言うか孤独な優しさと言うか・・・(まあ、女性はまた違った見方でしょうけど。)

この曲のユーチューブのレビューを見ると結構、今でもファンがいて震災後にこの曲で励まされていると言った内容もあり、この曲の時代を超えた普遍性が伺えてとっても感動しました。
ぜひ、アルバムの他の曲も聴いてみて下さい。

「冒険王」Amazonで探す