シナベニア
 
先日の休日にホームセンターで油性木版画の版木にするシナベニアを購入してきました。最初は小ぶりな作品を作ろうと思いますのでこの板を切って使用しようと思います。
 


スポンサーリンク



シナベニアは水性木版画でも版木として使用される事が多く、柔らかく彫りやすいのが特徴です。画材店よりむしろホームセンターで入手しやすく、厚みも数種用意されています。表面は比較的綺麗に加工されていますが、実際に使用する前には紙やすりで表面を磨いて使用します。
 
シナベニア表面
 
今回管理人が、購入した板は300×600(ミリ)の厚さ5.5ミリのものです。両面使用しようと思えば出来ますが、この厚みですと片面使用が無難です。
 
シナベニア厚み
 
以前、NHKの木版画の通信教育を1年間受講して水性木版画については一通り基礎を学びました。しかし、油性木版画と言うと、小学生の時以来まったく制作した経験が無いので手探り状態で始める事になります。
 
始めは実験と言う事で進めて行こうと思います。絵柄は現在検討中ですがあまり難しいものではなく簡単なものにしようと思っています。