腰痛1
 
腰痛と言えば管理人も日頃から悩まされています。先日何気なくネットで腰痛について検索していたら「腰痛のタイプを見分ける簡単な方法」を紹介しているサイトがありました。日経ヘルスのサイトなので信用出来る情報だと思います。
日経ヘルスWebサイト「セルフチェックで分かる タイプ別腰痛体操」
 


スポンサーリンク



詳しくは上記サイトに譲りますが、見分ける方法を大雑把に言いますと次の様になるそうです。
 
前屈して痛みが出る場合 = 椎間板ヘルニアの可能性あり
後屈して痛みが出る場合 = 脊柱管狭窄症の可能性あり
他、急性の腰痛 = ぎっくり腰

 
その他、前屈しても後屈しても痛みのでる「混合型」の場合もあるそうです。なお、ご紹介したサイトにはそれぞれの型に対応した「簡単な体操」も紹介されています。ぜひご覧になって下さい。
 
実は管理人は五十代になって以降、腰痛の事が気になりだしました。若い頃はなんとなく痛みがあっても忙しさにかまけてやり過ごしていました。しかし、このままほっておくと将来、「歩行に支障」が出てしまうのではないか?と考え始めたからです。
 
ですので、まず「自分の腰が現在どの様な状態なのか?」を医者で調べてもらおうと考えています。その上で治療や予防のために「自分で出来る事がないか?」を考えたいと思っています。
日経ヘルスWebサイト「セルフチェックで分かる タイプ別腰痛体操」