フォロンの作品は多くの言葉はいらない・・・
じっと見ているだけで言葉にならない不思議な魅了を感じる。

 

 

題名「Yes to Freedom」

私流に訳すと「自由だよ」とでも訳せるかもしれない。

籠の中の鳥をそっと外に出してあげて「自由だよ」と言ってあげる・・・

しかし、その本人の顔は格子の中・・・

「わたしが君の代わりをしてあげるから、君は自由に大空をお飛び」

と言っているのだろうか?

 

透明水彩の微妙な変化と色合が優しい雰囲気をさらに盛り上げている。

フォルムも単純化されているが独特の造形で魅力的だ。

 

 

題名「Oui a la liberte」

こちらの題名はフランス語らしい?

訳すと、「そう私には、自由がある」と言う意味らしい

表情は無表情だかその頭からは色々な方向に手が伸びていて

さまざまな方向を指さしている。

どんなに現実が厳しくても、どんなに制約があっても

誰もわたしの想像力を邪魔することはできない!

創造力は無限に広がるのだ!

芸術家、フォロンのアーティスト宣言だろうか?
 
 

 
題名「Peace」

平和、解き放たれた鳥たちは自由に青空に羽ばたく。

平和だからこそ満喫できる自由、

その自由を謳歌して鳥たちは思い思いの方向に向かって飛びたつ

 

私はフォロンはずっとフランス人と思っていたが今回、

記事を書くにあたって調べてみるとベルギーの出身だそうだ。

ベルギーと言えばシュールレアリスムの画家マグリットが有名であるが

きっとこの国は優れた芸術家を輩出する土壌があるのだろう

機会があったらもっと調べてみたい。

 

 
【フォロン ポスター】Yes to Freedom(700×700mm)

ジャン・ミシェル・フォロン【Jean Michel Folon】額装ポスター Oui a la liberte

ジャン・ミシェル・フォロン【Jean Michel Folon】額装ポスター Peace