今年2012年5月21日月曜日は日本の広い範囲で金環日食が見る事ができます。
九州、四国、関西から東海、関東、東北の南部地域の広い範囲で見る事ができるそうです。
金環日食とはどんな日食か?と言うと・・・・
日食と言えば皆既日食や部分日食と言う言い方がありますが、
今回の「金環日食」とはちょと聞きなれない言葉ですね。
この「金環」と言うのは文字通り金の輪を意味します。
下の画像にもあるように太陽が輪の様な形に欠けて見える日食です。

どうしてこの様な状態に太陽が欠けてしまうか?
それは、月が太陽と地球の間入る事で太陽を覆い隠してしまう事で起きます。
月の公転軌道(地球の周りを回る月の起動)は楕円状になっており
地球からの距離が遠くなったり近くなったりします。
今回の5月21日の金環日食の場合は、地球からの見かけ状の太陽の大きさより
月の大きさが小さく見える位置に月が位置するので、
太陽と月が重なった場合、図のように太陽の淵より月が小さく見えて輪の様に
見えると言う事で「金環日食」と呼ばれています。

今回の5月21日の金環日食が発生する時間は朝方になります。
住んでいる地域によって始まる時間は異なりますが
今回の日食で金環状に見える状態になる時間で最も早いのが鹿児島で7時20分頃
終わりが最も北の地域、水戸で7時38分頃とわずか18分の間の天体ショーとなります。
朝方の事で、しかも当日は月曜日、仕事や学校への通勤・通学の時間と重なってしま
いますが、今回のこの一大天体ショーはじつに932年ぶりの出来事なので、
(日本において)人生で一度しか出会えない貴重な出来事です。
私は多少、仕事に遅れても事前に万全の準備を整え、会社にも連絡して、
観測する事にしたいと思います!

また、この「金環日食」が起きている時は色々と不思議な現象が観測できるそうです。
私はその点も注目していますが、どの様な事が起きるかは又、次回投稿で。

ビクセン dd-3