本1
 
管理人は、たいへん飽きっぽい性格で次々に物事への関心が移って行ってしまいます。それは読書などにも反映されていて、一冊の本を読み終わらないうちに他の本の内容に関心が移ってしまい最後までその本を読まない・・などと言う事もしばしばです。
 
こんな事ではしっかりとした知識を身に付ける事もできないと思っているのですが、自分ではどうする事も出来ず、どうしたものか・・と思っていました。しかし最近「この様な性格でも何とか最後まで本を読める読書法」を思い付き実践しています。


スポンサーリンク



その方法とは、「それぞれの本を一日2ページずつ読む」と言う方法です。
「それだけ?」と思われるかもしれませんが、こんな簡単な方法ですが実践してみると自分の性格にぴったりの方法で案外上手く行きました。
 
実はこの方法は長年の愛読書ジョゼフ・マーフィーの成功法則の本
「マーフィー100の成功法則」からヒントを得ました。
 
マーフィー100の成功法則
 
管理人はこの本を繰り返し読んでいるのですが、この本はジョゼフ・マーフィーの金言を100の成功法則にまとめたもので、「1つの成功法則が見開きで完結する形」になってますので、2ページずつ区切って読むのに都合よく出来ています。
 
マーフィー100の成功法則-見
 
一日に2ページずつですと、すぐ読み終わります。すぐ読み終わると「他の本も読んでみよう」と言う気持ちになって来ます。そう思いながら複数の本を同時に読んでみましたが、挫折する事なく最後まで読む事が出来ました。
 
勿論、普通の本ですと「一日2ページずつ」では内容が細切れになるので話の中身が掴みづらくなる事もあります。しかし、前日読んだ部分を少し思い出す様にして読むと話が繋がって来ますので慣れると問題ないようです。また思い出しながら読むので内容が頭に入って来易くなった様な感じもします。
 
現在読んでいる本
 
現在、管理人は夜眠る前の5~10分、上の5冊を平行して2ページずつ読んでいます。恐らく一冊づつ読んでいたら何冊かは途中挫折してしまったかもしれません。勿論読む事だけが目的ではないので気になった所は後々再読もする様にしています。
 
もし、「飽きっぽいくて、すぐ関心が色々変わってしまう」と言う方がいらしたらこの読書法を試してみてはいかがでしょうか、案外役に立つ方法かもしれませんよ。