ある中病棟 失踪日記
 
先日、なにげなく図書館に行って本を見ていたら懐かしい漫画家の名前が目に留まりました・・「吾妻ひでお」。管理人にとっては子供の頃よく読んだ方で、手塚治虫や永井豪と並ぶビックネームです。


スポンサーリンク



久々に見た吾妻さんの本のタイトルに「失踪」「アル中」と言った文字があったので驚きましたが、読んでみると波乱万丈の人生を歩んでおられた様子がよく分かりました。勿論、吾妻ひでおさんはギャグ漫画家ですので笑いながら読める様にはなっていましたが、その御苦労は大変だったのではないかと思います。
 
「失踪日記」「アル中病棟」両方とも面白かったのですが、その中で管理人が特に印象に残ったのは「アル中病棟」での下記の様な内容でした。
 
吾妻さんがアルコール中毒の治療の為入院しておられた病院での事、そこでは毎朝患者さんを集めてのミーティングが開かれます。そこでの看護師長さんのお話が妙に納得させられました。
 
その病棟はアルコール中毒専門の治療病棟なのですが、集まってくる人は当然「酒」を中心に人生を生きて来たような人々です。しかし、この病院で酒を断つ治療をする事で心にポッカリと「空洞」が空いてしまうそうです。
 
これから、一生の間酒を断って生きて行くには、このポッカリ空いた空洞を他の何かで埋める必要がある。そうする事で二度とアルコール中毒に逆戻りしないですむ・・と言う趣旨の事が描かれていました。
 
酒に変わるもの
 
このページを読んだ時、これはアルコールに限らないなぁと思いました。つまり人間と言うものは自分の中心に何があるか?によって人生を大きく左右されてしまうもの・・なんだろうと思います。
 
普通の人でもちょっとしたきっかけで身を滅ぼす様な何かが中心になってしまう可能性を孕んでいるとも言える訳で・・そう考えると人間って危ういんだなぁと思った次第です。
 
まあ、今のところ自分は毎日晩酌するものの何とか大丈夫だと思いますが・・、ちょっとは気を付けようっと思いました。
 
Amazonで「失踪日記」を探す
Amazonで「アル中病棟」を探す