不思議な偶然の一致・・・マグリットを見るといつも
この言葉を思いだす。

 

 
「アルンハイムの領地」
 
不思議な偶然の一致とは、精神科医ユングの用いた概念である。
シンクロニシティとも呼ばれる。
 
それはこんな事である。
 
ある日、あなたは車に乗ってハイウェイを飛ばしている
ふと、ラジオのスイッチを入れると電話リクエストの番組・・・
ラジオDJがリクエストの電話番号を繰り返す。
 
・・・・・583 ・・・・・583
 
あなたは、下3桁しか聞き取れない。
なにげなく前方の車に眼をやると
リアのナンバープレートが眼に入ってくる。
 
下3桁 583
 
ラジオDJがさらに繰り返す
 
・・・・・583 ・・・・・583
 
この一致になんの意味があるのだろう・・・
あなたの思考は一瞬エアポケットに入った様に停止する。
これが、シンクロニシティ・・・不思議な偶然の一致である。
 
意味は無い、しかし不思議な偶然の一致
 
 
眼の前の卵・・・遠いい山並みの鷲の首、この偶然の一致は
あなたに何を伝えようとしているのか?
風景は黙して語らない・・・ただ存在するだけ。
 
 

 
「LA BONNE FOI,」(正直者)
 
マグリットはベルギー紳士である。
山高帽子をかぶり、ステッキを持ち
スーツで正装して、何時も決まった時間に愛犬をつれて散歩する。
 
その眼の焦点はどこを見ているのだろう?
遥か彼方のエルドラド?
はたまた、何も見ていない?
 
何処にでもいる平凡な中年男
薄っぺらで無表情、名前さえすぐ忘れてしまう。
 
しかし、この無個性が20世紀芸術に大きな影響をもたらす。
 
アンディ・ウォーホル、リキテンシタイン・・・
アメリカンポップアートの産声はもうすぐそこである。
 
【アートポスター】アルンハイムの領地 (70×100cm) -マグリット-

ポストカード【アート】ルネ・マグリット(Rene Magritte)/LA BONNE FOI,1962