スーラの「グランド・ジャット島の日曜日の午後」購入した。

公式サイト:オールポスターズTOPページ
 
管理人が初めてオールポスターズを利用して購入した作品です。
以前から後期印象派の画家スーラの丹念に描かれた点描画が好きでしたので購入する事にしました。
(クリックするとオールポスターズの販売ページが開きます)

画家 ジョルジュ・スーラ
タイトル 「グランド・ジャット島の日曜日の午後」
プリント方法 キャンバス地プリント(ジクレープリント)
 なし
 
サイズは一番小さめのサイズで、プリント方法はキャンバス地プリントを選びました。オールポスターズの場合キャンバス地プリントを選択すると印刷方法は自動的にジクレープリントなります。ジクレープリントはアートプリントに比べ細やかさや色の奥行きがあると思いましたし、原画は油絵ですので趣が原画に近い仕上がりになるだろうとも考え選択しました。
 
※関連記事
・アートプリントについて
・ジクレーキャンバス地プリントについて
 
到着した時は下の様な段ボールに入って届きました。

商品はビニールに包まれたていて出荷案内が貼ってありました。また、商品が段ボールの中で動かない様に緩衝用ビニールに包まれていました。

包まれていたビニールです。

商品の裏側はこんな感じです。

ビニールから出してまずは全体を見てみました。
画面表示上の色はそれぞれモニターの環境によって色味が異なるので一概に言えませんが、管理人の環境ではオールポスターズの画面表示の色味と実際届いた商品の色味のイメージはそれほど異なって感じませんでした。むしろイメージした感じと近いと言う感想を持ちました。

キャンバス表面の凹凸を角度を変えて見て見ましょう。
この凹凸が油絵らしい趣を演出しています。のっぺりとしていないので味わいを感じます。

また、ジクレープリントについて、管理人がオールポスターズのカスタマーセンターに問い合わせてみたところ、インクをスプレーしてプリントするとのお答えでした。管理人がネットで調べてみたところでもインクジェットプリンターの方式に近いものがあるとの事でした。だとすると、色の粒子はかなり細かくなっているはずですのです。この点も印刷用ルーペで拡大してみました。

ルーペの倍率は6倍なのですが粒子は見えませんでした。
勿論、普通に見ても粒子は見えませんので、
「室内での観賞には十分耐えうる」と言う印象を持ちました。
 
次に、全体的な作りを見て見ましょう。キャンバスを張っている木枠自体は大変厚手に出来ていて測ってみると約34ミリくらいあり、普通のキャンバスより丈夫そうでしっかり出来ている様です。

あまりに厚いのでこの様にキャンバスだけで立たせる事も出来ました。

また、裏側はこの様になっています。

さらに、別の角度から。
キャンバス地は木枠にホチキスで張り付けてありました。まあ、裏側なのでよいと言えばよいのですが、少々雑だなぁと言う印象を持ちました。この辺はいかにもアメリカ人の合理主義と言うか、日本人なら見えないところも丁寧に作りそうですが・・・。

勿論、表面には雑な感じはありませんでしたが、さらにもう一度表面の出来を良く見てみましょう。
下が右上の部分を少しアップにした画像です。

次が、右下の部分。

さらに左上。

左下の部分です。

管理人の撮影は素人レベルなので画像の出来で正直伝わりにくい所もあるかと思います。
しかし、個人的には商品としての絵の出来具合は満足しています。
 
また、今回購入した作品は額を自分で購入しようと思ってい為、あえて額付きで注文しませんでした。しかし、実は作品に合う額がまだ見つかっていない為、
「額込みで注文した方が良かったかなぁ」
と、少し後悔しているところです。額込みで注文していれば、室内に飾ったところをすぐレビュー出来たのですが・・・。
 
なので、もし管理人と同様に額は自分で探そうと思っておられる方がいらしたら、ご注文の際の注意点として!「購入前に絵のサイズを確認して国内で手に入る額がある事を予め確認しておく」この事を強くお薦めします。こうすれば到着してから苦労して探す手間は掛かりませんので!
 
しかし、管理人も諦めてません!適正な額が見つかり額装出来ましら再度記事を追加して行きたいと思っています。
 
公式サイト:オールポスターズTOPページ


スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ