印象派の開祖 モネ

クロード・モネ
生没年月日:1840年11月14日~1926年12月5日 :フランス
印象派の中心的画家で代表格的な画家。大変著名な事もあり「睡蓮」などの連作で日本でも大変人気のある画家の一人。生涯を通じて光を追求し画面に捉えようと様々な作品を世に現わす。
オールポスターズでモネの作品を探す
 
おすすめ人気作品
「睡蓮の池と日本の橋 1899年」

モネ晩年のテーマである睡蓮と日本の橋を描いた大変美しい作品。水面に映る柳の木の反射が見事にとられられており、日本の橋とのコントラストで何時までも見ていて飽きのこない作品。穏やかな日差しの風景からは空気の臭いさえ感じさせてくれて、部屋に飾ればそれだけで爽やか空気感を演出してくれる。
 
「日傘を差す女」

モデルはモネ夫人と言われいる。また同様のテーマ、アングルで何点か描いている。この作品の場合明るい日差を大胆な筆使いで見事に捉えておりモネの卓越した光を捉え描く技術を感じる。女性の表情が曖昧に描かれているが、かえってその方が眩い光を感じる事ができる。
 
「積みわら」

積みわらを描いた作品は多いが、この作品もそのうちの一つ。さまざまな色彩を巧みに重ね合わせて光を捉えようとする印象派ならではの手法で光の繊細な移り変わりの様子を見事にとらえている。
 
「ルーアン大聖堂 霧」

モネはルーアン大聖堂も繰り返し描いているが、上の作品は霧の大聖堂を描いた作品である。細かなタッチを丹念に重ねる事で印象派らしい光と霧がおりなす微妙な変化を大変魅力的に描いている。このシリーズには他の天候の時や異なった時間の時に描いた作品も数多いので比べてみると面白い。
 
「印象 日の出」

「印象派」と言う言葉の語源になったと言われているモネの代表作「印象 日の出」。当時、印象派は「最も理解出来ないものの代表」とまでい言われていたが、確かに写実的な表現ではない筆使いの大胆さや、省略的な手法は当時としては「過激」であったろうし革命的でもあったと思われる。
 
以上、5点ご紹介しましたが、モネの作品はオールポスターズに3941点(2013年1月時点)掲載があり大変豊富に品揃えされています。勿論、一つ作品を様々なトリミングやプリント手法で販売していますのでこの作品数がモネの作品数と言う訳ではありませんのでご注意下さい。また、掲載されているモネの作品は一部デッサンもありますがほとんど油絵です。油絵が原画の場合、プリント方法を「ジクレープリント」にして、しかも「キャンバス地プリント」を選択して注文した方が色彩の細やかな再現や油絵の趣を感じさせると言う点で優れていると思います。以下にその点を詳しく検証したページがありますのでご購入の際は参考にして頂ければ幸いです。
ジクレーキャンバス地プリントについて
 
また、以下のリンクは上でご紹介した作品の詳細ページへのリンクです。全て、ジクレーキャンバス地プリントが選択できるページを厳選しておきましたのでご参考にどうぞ。
「睡蓮の池と日本の橋 1899年」 
オールポスターズ「日傘を差す女」
「積みわら」
「ルーアン大聖堂 霧」
「印象 日の出」
 
オールポスターズでモネの作品を探す
 


スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ