愛すべき素朴派の創始者 アンリ・ルソー

プロを凌駕する日曜画家 アンリ・ルソー 1844-1910 フランス

アンリ・ルソーはフランスの日曜画家であったが、その作品はピカソ、カンディンスキーら20世紀芸術の巨匠と言われる大芸術家をも唸らせる個性的で強いインパクトを持っている。現代から見ると今に続く素朴派絵画の潮流の創始者とも言える。


 

風景の中の自画像(私自身、肖像=風景)
ルソー自身を自ら描いた自画像である。大変丁寧に細部に渡って描かれているが背景から浮いて見える様な人物、パレットを持つ手の表現など素人が描いた絵にありがちな特徴を数々備えている。しかし、そうしたテクニックではなく素朴にこの絵と向かい合ってみると、「明快で強い造形」、「丹念に描かれた色面」、「独得の遠近感覚や人物の表現」など、それらは素晴らしい個性となって昇華され、見る者をたちまち魅了してしまう。

 

蛇使いの女
どこか、魔術的な雰囲気を感じさせる笛を吹く女、霞がかかった様な力無い空の中に浮かぶ月、明快な形ではあるがどこか作り物の様な植物。それらが奏でる幻想的でシュールな風景はルソーワールドそのものである。ルソーは植物を描く為に、植物園にも通って観察やスケッチをしたそうである。しかし形づくられた造形は大変個性的な形をしている。それは人間が何か新たなものを創造する原点を見るようだ。

 

眠れるジプシー女
旅から旅へのジプシーの女。歩き疲れ夜の砂漠で深い眠りに落ちた。空は澄み渡り、昼間の様な月灯。そこへ何処からともなく一匹のライオンがやってくる・・・。この世界はいったい現実か?それともジプシーの女の夢の世界か?ルソーが仕掛ける巧みな幻想の世界。この絵を前にすると何時でもそんな夢幻の世界に飛んでいける。そんな誘いを強く感じるルソーの最高傑作の一つである。

 

Le Chat Tigre
最後にご紹介する作品は、猫を描いた作品である。オールポスターズでご紹介するルソーの作品を探している時にたまたま見つけた作品でルソーが描いた中でも特に有名!と言う訳でもなさそうな作品だ。しかし一目見てその可愛らしさが気に入ってしまった。現代の素朴派の画家にも通じるいかにも身近な猫を楽しみながら描いたと言う力の抜け方が魅力的だ。ルソー自身も大変素朴な人柄だったようで、外国人を見れば全て「アメリカ人」と言って信じていたと言う、嘘か本当か解らないエピソードだ。そんな愛すべきルソーの人柄を感じさせてくれる猫の絵である。

 
以上、肖像画を含め5点ご紹介しました。ルソーの作品はほとんど油絵で描かれいますのでオールポスターズでの複製画の購入を考える場合、ジクレープリントと言うプリント方式で、しかもキャンバス地プリントを選択した方が、色彩の諧調の細やかな再現と言う点で後悔が無い様に思います。以下に管理人がジクレープリントでしかもキャンバス地にプリントした商品を取り寄せてみた時のレビュー記事がありますのでご購入の際は参考にしてみて下さい。

ジクレーキャンバス地プリントについて
 
ルソー作品一覧


スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ