日向の香りのする幸福 ルノアール

ピエール=オーギュスト・ルノワール
生没年月日:1841年2月25日~1919年12月3日 :フランス
印象派の中心的存在でもあるが、とりわけ「人物画」に新境地をひらいた。大変愛らしい子供像や少女、女性像などが有名である。タッチは印象派らしい華麗な色彩と上質な明るさを感じさせる。モネ同様、日本でも本国フランスでも大変人気の高い画家の一人。
オールポスターズのルノアール作品一覧
 
おすすめ人気作品
 

「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢の肖像」
少女の憂いを含んだような表情、ぬけるような白い肌、透明感のある青い瞳、どれをとっても大変魅力のある作品である。背景のやや暗い色調も少女の白い顔がコントラストよく浮かび上がる様に工夫した演出である。また髪の毛の色彩の表現も大変巧みで、光によって微妙に変化する栗毛色の色調が見事に表現されている。大変清楚な印象の肖像画なので飾るだけで辺りの空間を上品に演出してくれる作品である。
 

「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏場」
人々が陽気に集う舞踏場の雰囲気を見事に捉えたルノアールの代表作。画面を見つめていると喧騒の声が聞こえて来る様な錯覚にさえ襲われる程、その場の様子を見事に捉えている。また木漏れ日の表現も大変巧みで空気感が伝わってくるようだ。まさに印象派の画家ルノアールの技量の高さが伺える。画面全体から明るく生き生きとした雰囲気が溢れるている所など、平和な生活を好んだルノアールの心が伝わってくる作品である。
 

「二人の姉妹(テラスにて)」
オールポスターズの作品名でも「Two Sisters, or on the Terrace,」とあるので姉妹を描いたと思われるが、若く美しい母親と愛らしいその娘とも見える。しかし実際には女性の方はジャンヌ・ダルローと言う女優をモデルにしているとの事である。女性の赤い帽子と表情、少女の無垢な瞳が大変魅力的な作品で、現代のスナップ写真の先駆け的な要素も感じられる。眺めていると気持ちが和らぎ幸福感で満たされる様な作品である。
 

「ブージヴァルのダンス」
この作品の女性は画家ユトリロの母であり、当時の画家達の言わばアイドル的存在とも言われるマリー・クレマンティーヌ・ヴァラドンである。まずこの作品の第一の魅力はそのヴァラドンの女性として美貌と、恥じらいと喜びを含んだような独得な表情にある。また、流れる様な筆さばきで描かれた背景とダンスする2人の対比も瞬間的な動きを見事に捉えたおり魅力的だ。ヴァラドンは後に本人も絵の才能を発揮し画家として現在でもその名を知られる存在にまでなっている。
 

舟遊びの人々の昼食
この作品も「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏場」同様、沢山の人々を描いた傑作と言える。「舟遊びの人々の昼食」と言うタイトルからも何気ない日常の一コマを切り取って絵にしていると言う事が解る。絵からは平和な日常生活のほのぼのとした雰囲気は伝わってくる。こいうった温かみある絵を描けるのはルノアールの人柄と言える様な気がする。食卓やリビングなど日常くつろぐ空間に飾ってみると暖かな雰囲気を演出出来る作品である。
 
 
以上、5点ご紹介しました。ルノアールの作品をオールポスターズで検索すると、2038点(2013年1月時点)掲載があります。やはり印象派の巨匠らしく、豊富に作品を扱っています。また、掲載されているルノアールの作品はほとんど油絵です。油絵が原画の場合、管理人がお薦めするプリント方法は「ジクレープリント」です。しかも「キャンバス地プリント」を選択して注文した方が色彩の細やかな再現や油絵の趣を感じさせると言う点で優れていると思います。以下にその点を詳しく検証したページがありますのでご購入の際は参考にして頂ければ幸いです。
また、上の作品名のリンク先の商品の詳細ページでは全て「ジクレープリント」、「キャンバス地プリント」が共に選択出来るページをセレクトしておきました。
ジクレーキャンバス地プリントについて
 
オールポスターズのルノアール一覧


スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ